Make your own free website on Tripod.com

FT−Cのページ

反日運動の話

カイエンさん、お返事ありがとうございます。 さて、左右をめぐる現状認識について私の私見を述べさせていただきます。 これがカイエンさんの御質問に対するお答えになれば幸いです。

>今、本屋で売れているのは、FT-Cさんがおっしゃる右派的中道だと思うのですが、

>それに最も組織的に反発している所はあるのでしょうか?

まず、そもそも、今回の様に慰安婦の問題が大きく取り上げられた裏には、在日の 個人及び、団体の資金的援助 を受けた団体や、キリスト教系、左翼的フェミニズム系の団体 の運動があったように思われます、 「朝鮮、韓国人に謝罪する百人委員会」(多分、こんな名称じゃなかったかなと思います。) の意見広告が左翼系の雑誌に掲載され、その後、九州地方で日本人主婦が表の代表をつとめ、 実質的には在日の実業家が仕切っている団体が火付け役となりこの騒動が起こったとも言えます。 (上記の両団体の間には人的交流があったそうです。) それ以前は、指紋押捺拒否運動などの運動が在日団体の運動の中心だったのですが、 指紋押捺制度が廃止された事に伴い、次は、慰安婦をやろうという事になったんじゃないでしょうか、 そこに政権交代などがあり、社会党が政権入りしたこともあり、これらが一気に活気づいたともいえます。 そんなこんなで、それまで、書店の片隅に置かれた極左雑誌「インパクション」や、大月、明石、などの出版社 から出ている本に見られる極端な論調が政治に反映される事態がおこったのです。 ここに至って、このような過激な反日思想が勢いを増すのを見過ごせない学者が左翼からもでてきました、 それが、藤岡信勝氏であり、国際派からは西尾幹二氏だったのです。 この自由主義史観と名づけられた運動に対して、当初より、日教組、社会党系の学者が反発していましたが、 その後、自由主義史観が社会的注目を浴びるにしたがって、特に、新しい教科書を作る会結成後は 在日系、キリスト教系、左翼的フェミニズム系の団体なども、いっせいに攻撃してくる様になりました。

>各左翼組織とも、案外バラバラに散在しているようにも見えます。

そんなことはありません、週刊金曜日やインパクションなどには各団体の集会の案内などが掲載されており 団体間の人的交流も盛んです、例の福岡42団体(でしたっけ、)などを見ても横の繋がりは強いですね、

>「運動」面では、圧倒的に左翼の有利にあると見ています。

インターネットでも初めの頃 は左翼のHPばかりが目につきましたね。 私が心配なのは、最近の無党派と称する政治運動に極左の運動家が多数参加 していることです。

>今後の動きはどうなると予想されますか?

>運動団体に自由主義史観系の力が反映されるのには時間がかかるように思えますし、

>その意志が弱いように思えます。

社、さ、連立政権が倒れれば、かなり状況は改善されますが、上記の無党派の動き や、反日の各団体の動きに注視し、批判すると同時にさまざまな機会に、 社会に向かってアピールすることが必要でしょう。

>暴力主義的な新左翼とおっしゃる勢力の中に、「噂の真相」は位置するのでしょうか?

噂の真相は左翼の雑誌と言うよりは、ただの低俗な雑誌でしょう、 左翼とも全く無関係です。 週刊金曜日やインパクションは反日団体の動向を知るにはタメに なる雑誌だと思います。

>左翼というのはボランティア精神があるというか、弱者救済の精神が目立ちます。

これは極左が人権や環境、障害者などの運動を利用するために偽装しているに すぎません、薬害エイズの時も、左翼による運動乗っ取りが行われたそうですが それと同じ手口です。人の弱みにつけこむ卑劣なやり方ですね。

>その他、意外に思った「一部のプロテスタント系のキリスト教団体」や、

>在日コリアン系の団体などについても、できれば聞いてみたいです。

一部のプロテスタント系のキリスト教団体とは、日本キリスト教協議会、等の 事ですが、この団体は、反靖国闘争、町のヤスクニ闘争、(=神社のお祭りを 妨害する運動) 反天皇運動、指紋押捺拒否運動、外国人労働者受け入れ運動、 戦後補償運動などの反日運動をおこなっています。 在日コリアン系は総連、民団にかかわらず、総じて反日です。 特に、最近は外国に対しての反日宣伝に熱心です、 在日の運動の特徴は日本人に対して、在日に対するうしろめたさを抱かせる ことによって、在日に関する批判を封じようとする点です。 又、一部の日本人学者も同調する、韓国優位の古代史観を日本人が抱く事によって 在日への差別が無くなるとし、盛んに宣伝しています。 以前、アメリカ空母が日本に寄港した際、米兵が日本人女性にもてるのを見て、 日本のものより、外国のものがかっこいいと言う時代になってうれしい、 というコメントを雑誌によせた在日の女性がいましたが、日本人が北朝鮮による 日本人拉致を批判するのは許せない、としたり、とにかく、反日のチャンピオン でしょう。

ホーム